himejijou




・登録年1993年
・登録基準
(Ⅰ)人類の創造的な表現が示されている
(Ⅳ)歴史的に重要な建築様式、建築物群、科学技術の発展を示す

姫路城は兵庫県姫路市にあり、日本の現存する木造城郭建築の最高傑作とされている。シラサギが羽を広げたような姿から白鷺城と呼ばれている。
1333年に赤松則村が姫山に砦を築き、1580年に毛利氏攻略のために城が羽柴秀吉に献上され、羽柴秀吉が3層の天守閣を築く。1600年、関ヶ原の後、城主となった池田輝政が9年間の大改築を行い、外観5層の大天守を中心とする天守閣を築いた。姫路城はらせん状に構築された複雑で巧妙な縄張りといった城の基本設計、多く配置された櫓、門などによって高い防衛能力を備えている。


2009年から2015年に大天守の修復を行った。
himejijousyuuhuku
その際、修復を行いながら真正性を保つという保存の取り組み方も評価された。

1951年に大天守、東小天守、西小天守、乾小天守、イ・ロ・ハ・ニの渡櫓4棟の5件8棟が国宝指定を受け、1931年に櫓や塀など計74棟が重要文化財に指定されている。


コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット