ーー基本情報ーー


besakih-688759_1920



・登録年2012年

・登録基準(Ⅱ)(Ⅲ)(Ⅴ)(Ⅵ)

・インドネシア共和国

・正式登録名称 バリの文化的景観:バリ・ヒンドゥー哲学 トリ・ヒタ・カラナを表す水利システム「スバック」



バリの文化的景観はインドネシア、バリの文化的景観を対象として世界遺産に登録されている。

バリの文化的景観として、ヒンドゥー教、インド仏教などが習合したバリ・ヒンドゥー教の哲学である「トリ・ヒタ・カラナ」の哲学に基づく5つの棚田、灌漑施設や水利システムである「スバック」を司る寺院などが登録されている。



ーートリ・ヒタ・カラナーー



トリ・ヒタ・カラナは、神と人、自然の調和をもたらす宇宙観を反映した概念である。

バリ語でトリは「3」、ヒタは「安全、繁栄、喜び」、カラナは「理由」という意味である。

つまり、トリ・ヒタ・カラナ=「繁栄に必要な3つの要素」という意味である。

この3つの要素は神と人の調和、人と人の調和、人と自然の調和である。


ーースバックーー


2cfff30dc35f06055dcc00239ed35562_m



9世紀、トリ・ヒタ・カラナの哲学を基にスバックという水利システムを作った。

スバックは、水路が寺院を通り、寺院で清められた水を分け合うシステムである。

バリの棚田はスバックにより維持されてきた。

しかし、現在では観光客の増加などにより、棚田の景観保護が課題となっている。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ



コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット