ーー基本情報ーー


moai-1857652_1920


・登録年1995年

・登録基準(Ⅰ)(Ⅲ)(Ⅴ)

・チリ共和国


ラパ・ヌイ国立公園はチリ本土の西約3700km沖のパスクア島にある。

パスクア島には約900体のモアイ像がある。

ラパ・ヌイとは、先住民の言葉で「輝ける偉大な島」という意味である。


ーーイースター島と呼ばれる理由ーー


モアイと言えばイースター島を思い浮かべる。

実は、このイースター島の正式名称がパスクア島である。

パスクア島はスペイン語で復活祭を意味する。

この復活祭は英語でイースターというため、日本では英語由来のイースター島と呼ぶことが多い。

また、パスクア、イースターが意味する復活祭が島の名前に使われている理由は、この島の発見に関係している。

パスクア島は1722年、オランダ海軍提督のヤコブ・ロッフェヘーンによって発見された。

この発見された日がたまたま復活祭(イースター、パスクア)だったため、パスクア島と呼ばれるようになった。


ーーモアイ像ーー


easter-island-67503_1920



モアイ像の制作はパスクア島にポリネシアから移住してきた長耳族が始めたとされている。

モアイ像は凝灰岩を削ることで造られている。

初期のモアイの大きさは5~7mであった。

しかし、12世紀初頭に南米から短耳族が移住してくると、部族間の張り合いから次第により大きいモアイが作られるようになる。

最も大きいものでは、21.6mもの高さがある。

このようにして、たくさんのモアイ像が作られたものの、この後部族間抗争によるモアイの破壊が行われるようになる。

16世紀頃から、人口の増加による食糧難から、部族間で抗争が起きるようになり、「フリ・モアイ」が行われるようになった。

「フリ・モアイ」は部族間で互いに相手のモアイを倒すというものである。

現在は900体のモアイ像が残っているものの、そのほとんどが抗争により破壊された状態である。






にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ



コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット