ーー基本情報ーー


porto-1972450_1920


・登録年1996年

・登録基準(Ⅳ)

・ポルトガル共和国


ポルトはポルトガル、ドウロ川の河口に位置し、首都リスボンに次ぐ第2の都市である。

ポルトは5世紀頃、ローマ帝国の港、ポルトゥス・カレ(ラテン語でカレの港という意味)という街に起源を持つ。

14世紀から15世紀の大航海時代にはポルトガル海軍に大きく貢献し、街は発展を遂げた。

ポルトの歴史地区には海洋交易で繁栄した商人たちが建てた歴史的建造物が数多く残っている。

また、ポルトでは18世紀頃からアルト・ドウロ地域で生産されたワインの輸出が盛んに行われている。

このワインはポートワインと言われている、有名なワインである。

ちなみに、ワインの生産地であるアルト・ドウロ地域は「アルト・ドウロのワイン生産地域」として世界遺産に登録されている。
→まとめてあります!(アルト・ドウロのワイン生産地域



ーーポルト大聖堂ーー

porto-601454_1920


ポルト大聖堂はポルトで最も古い建造物である。

ポルト大聖堂は1110年頃に建設が開始され、13世紀に完成した。

何度も増改築が行われており、ファザード全体はロマネスク様式、回廊や礼拝堂はゴシック様式というように、様々な建築様式が入混じった建造物となっている。


ーードン・ルイス1世橋ーー

porto-1982471

porto-2211719


ドン・ルイス1世橋はポルトの旧市街と、ワイン工場のあるドウロ川対岸を結ぶ橋である。

この橋は、エッフェル塔を設計したギュスターヴ・エッフェルの弟子であるテオフィロ・セイリグが設計し、1886年に完成した。

完成当初は世界最長の鉄製アーチ橋であった。

上下2段の鉄橋となっており、上層は歩行者とメトロ用、下層は歩行者と自動車用になっている。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ






コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット